青葉区で中古マンションを選ぶ3つのデメリット

仙台市青葉区で住むなら、新築より断然安く買える中古マンションがおすすめですが、決めてしまう前にデメリットも把握しておきましょう。

1. 美観性など新築には劣る。

リフォームをすれば、新築に近い状態にまで近づけることはできますが、やはり新築の美しさには叶いません。

とくに、外観に関しては手を加えることができないため、いくら内装を新品にしたとしても、外から見たら既築マンションです。

2. 住宅ローンが使えない。

基本的に、マンションリフォームに住宅ローンは使えません。

住宅ローンは、あくまで家を買うためのローンであるからです。

リフォームもローンで賄いたいなら、リフォームローンを利用しましょう。

ただし、リフォームローンは住宅ローンよりも金利が高いのがネックです。

■某メガバンク 金利比較 住宅ローンVSリフォームローン

住宅ローン:年0.470% (※変動金利)

リフォームローン:年3.975金利

青葉区には都銀も地銀も揃っています。

事前にローンプラザなどでよく相談しましょう。

3. すぐに引っ越すことができない。

中古マンションを買ってリフォームする場合、買った時点ですぐに住むことはできません。

リフォームする箇所や規模にもよりますが、以下の期間がかかることを考慮しておいてください。

・クロス張替え:3~4日

・キッチン、お風呂、トイレなどの交換:各3~4日

※レイアウトを変える場合は1週間程度

・室内全面:2~4ヶ月