名古屋のデザイナーズの賃貸に住もうとしたら、家賃相場はどのくらいなのでしょうか。

所得の高い人や芸能人が住んでいそうで、一般の所得者層には敷居が高いイメージがあります。

ですが、そんなことはありません。

一般の物件からプラス1~2万円程度と考えてよいでしょう。

それだったら、ちょっと背伸びして名古屋ライフを楽しもうかなとも思えるのではないでしょうか。

一般的な名古屋の家賃相場はワンルームや1Kは4~6万円、1DKだと6~7万円、2LDK以上だと8~12万円程度です。

区では守山区と天白区が最も安く、1K・1DKは4万円台から借りられます。

逆に市の中心部の中区や人気エリアの東区は6万円台です。

デザイナーズの物件になるとプラス1~2万円ですから、単身世帯の1DKだと平均8万円ぐらいと考えてよいでしょう。

なぜデザイナーズの物件は家賃が高いのでしょうか。

けして見た目のオシャレさだけで高いわけではありません。

デザイナーズで多くみられるコンクリートが打ちっぱなしの物件は、気密性があるため防音効果が高く、耐震性もすぐれています。

※気になる記事→Q.23時過ぎまで走り回る子供の足音…マンション騒音トラブルにどう対処する?:読売新聞

防音効果がすぐれていると、こういう問題も対処されます。

防犯カメラやコンシェルジュ、システムキッチンや日当たりのよい広い窓、メゾネットやロフトがあるなどデザイナーズならではの設備があります。

トータルとしての「暮らしやすさ」が家賃に反映されているといってよいでしょう。

どの物件にもいえることですが、家賃は1か月の所得の1/3が相場となっています。

無理をしてデザイナーズに住んでも、生活できなくなってはたいへんです。

身の丈に合った物件を選ぶようにしましょう。